サックス日和

還暦おやぢのアルト、テナー、バリトンサックスの練習日記

アドリブ

コードトーンを使ってアドリブで演奏。それを譜面に落とす作業をしています。

なんだか未知の世界でしたが、やってみるとこれがなかなか面白い。

 Am7  |  D7  |  GM7  |  CM7 |

F♯m7(-5) |  B7  |  Em  |  E7 |

の8小節を4回(32小節)自由に演奏して、それを譜面に落とします。

夜な夜な酒を片手にAE-10とパソコンとヘッドホンを繋いで楽しんでいます。

出来上がった譜面はMuseScoreで微調整して、仕上げはiReal Proの伴奏でサックスで音合わせです。

ハーフディミニッシュ

アドリブを楽しむうえで、コードトーンを覚えるのは必須。

みなさんどうやって覚えるんでしょうか?

還暦を過ぎた脳みそではなかなかインプットしてくれません。涙

大昔、ギターを触ったことがありまして、『コードとは何ぞや?』くらいは知っていましたが、覚えたコードの種類は極貧。。。

しかも、押さえ方のカタチで覚えていたので、和音となるとサッパリです。

CMくらいは空で覚えていますが、その他のコードは新鮮です。汗

中でも〇m7(-5)なんていうのもありまして、大変。しかも重要なコードであるにも関わらず、自分的には初お目見えです。滝汗

最近になりまして、iReal PROなんていうソフトをダウンロードしまして、悪戦苦労しつつも楽しんでおります。

そのiReal PROにはコードトーンの書き方がいままでとちょっと違うものがありまして、コンガラガルことこの上ない。なんとか統一してほしいもんです。

で。最近覚えたのがハーフディミニッシュ。iReal PROではこんな風に表記されてまして、さらに沼へ。(笑)

〇に斜め棒なんて僕のPCにはありませんって!

「直径」で検索したり、IMEパッドで書いてみてもありません。う~む

*ありましたΦ「ファイ」ちょっと違うけど、意味は分かる。

f:id:rider_Q:20210220103613j:plain

いくつになっても勉強ですね。

1/16 マウスピース考察

youtu.be

激しく同意いたします。

本田さんのいう通りだと思います。

それにしても200本は凄過ぎですね。。。

あのリガチャーは誠兵衛(セイベイ)だと思う。

鈴木学さんも推奨しているリガチャーですね。

https://youtu.be/WovMSONbjec

1/9 Yibuyテナーサックスマウスピース

f:id:rider_Q:20210109143733j:plain

曽根さんのYouTubeでこのマウスピースを紹介していたのでポチッと。

アルト用を注文したはずが、来たのはテナー用でした(笑)

カスタマーレビューを拝見するとこのような事象は常のようです。む~ん

返品しようとも思ったけど、ポイントを使って税送料込みで2,500円だったもんで、そのままテナーで使うことにしました。

試奏してみたところ最低音のB♭、Bは怪しいけど、Cから上は普通に吹ける。

しかも、オクターブキーを押したGから上、特にCから上の高音がすこぶる快調で、好きな音質。透明感があってスッキリとした、細い光が一筋放っているように感じです。

セッティングを煮詰めていけば低音も改善できるかもしれない。プラスチックリードよりも葦のリードの方が良さそうです。少しダークになりますが。

ちょっと面白くなってきました。